FC2ブログ

中東への自衛隊派遣とは 湾岸戦争後、多くの法整備(日経新聞)


▼中東への自衛隊派遣 
政府が自衛隊を海外に派遣したのは中東地域が最初だ。中東への派遣に伴い、多くの法整備もしてきた。まず1991年の湾岸戦争の停戦後、機雷除去を目的にペルシャ湾に自衛隊を派遣した。翌92年には国連平和維持活動(PKO)への参加を可能にするPKO協力法が成立した。

2001年に米同時テロが発生すると、当時の小泉純一郎首相がいち早く米国への支持を表明した。テロ対策特措法を制定し、インド洋での多国籍軍への給油のため、海自の護衛艦や補給艦を中東に派遣した。03年にはイラク特措法を根拠に陸自をイラクに送っている。
第2次安倍政権発足後、15年には安全保障関連法が成立した。特措法を整備しなくても、他国軍への後方支援がしやすくなった。今回の中東派遣は日本船舶の安全確保が目的で、防衛省設置法の「調査・研究」を根拠にしている。ヘリコプターを搭載できる海自の護衛艦と哨戒機「P3C」がオマーン湾などを監視する。

スポンサーサイト



安倍首相 憲法改正 自衛隊明記に改めて意欲 衆院予算委(NHKニュース)PageTop新型肺炎「パニックにならずインフルと同じ予防が効果的」 防衛医科大・加來浩器教授に聞く(産経N)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://boeinews.blog2.fc2.com/tb.php/11693-39147515

プロフィール

yasukuninoharu

Author:yasukuninoharu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR