FC2ブログ

中国の軍需産業、米に次ぐ2位に 国際平和研が推計(日経新聞)


【ロンドン=佐竹実】スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は27日、中国の軍需産業の規模が米国に次ぐ世界2位だったと発表した。中国は経済成長に伴って軍事力を拡大させており、関連企業の存在感も増している。ただ、今回明らかになったのは4社だけで、同研究所は「中国の全体像を把握するには透明性が足りない」と指摘している。

中国の軍需産業は拡大している(19年10月に天津で開かれたヘリコプター博覧会)=ロイター
同研究所によると、2017年の中国の4社の売上高は合計で541億ドル(約5兆9千億円)。米国に次ぐ2位で、ロシアを上回った。これまで情報開示が不十分なことなどから中国企業は売上高ランキングに含まれていなかった。今回は、信頼できる財務情報が得られた4社の17年分を加え報告書を作成した。
個別では、中国航空工業集団の17年の売上高が201億ドルと世界6位で、1位の米ロッキード・マーチンの半分近くだった。8位に入った中国兵器工業集団は、戦闘車両や大砲、対空防衛システムなどを製造する企業として世界最大という。
同研究所は世界の企業の軍需関連売上高トップ100を発表している。日本企業では18年時点で三菱重工が25位、川崎重工が48位に入った。

スポンサーサイト



ソマリア沖 海賊対策の多国籍部隊 司令官に海上自衛官が就任(NHKニュース)PageTop次期戦闘機開発 政府、20年夏にも協力国選定へ(日経新聞)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://boeinews.blog2.fc2.com/tb.php/11699-bfcb8b4c

プロフィール

yasukuninoharu

Author:yasukuninoharu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR