FC2ブログ

【独自】海自護衛艦、窓防弾化を拡大…予算要求へ(読売新聞)


防衛省は、海上自衛隊の護衛艦の艦橋の窓に防弾ガラスを取り付ける防弾化を拡大していく方針を固めた。2021年度予算概算要求に関連費用を盛り込む方向で調整している。
海自の護衛艦は、潜水艦などによるミサイル攻撃といった遠距離からの攻撃を想定しており、機動性を優先して航海や戦闘の指揮を行う艦橋の窓には従来、軽量な強化ガラスを使用してきた。
 
2009年から始まった海上自衛隊によるアフリカ・ソマリア沖での海賊対処活動で、海賊船に接近した際、銃撃される可能性も想定し、隊員の安全確保のために防弾ガラスを使い始めた。派遣される護衛艦は、強化ガラスの上に防弾ガラスを重ねて装着し、活動している。任務を終えて帰還すると防弾ガラスを取り外し、交代で派遣される護衛艦に付け替えている。
2日に中東海域での情報収集に派遣された護衛艦「たかなみ」にも、艦橋の窓に約20枚の防弾ガラスが取り付けられた。
しかし、派遣のたびに装備を付け替えるため費用がかかることから、必要な装備は取り付けたままにできないか、議論されていた。河野防衛相は「隊員の命を守ることを考えれば検討する必要が十分にある」として、海外派遣以外の活動に従事する護衛艦にも防弾ガラスの活用を考えるよう省内に指示した。
ただ、防弾ガラスを設置すると窓を開けられず、外部の音を確認しにくくなるといったデメリットもあるという。防衛省は今後、効果的な運用方法を検討しながら、防弾ガラスの設置と取り外しの作業費などを見積もり、要求内容を具体化することにしている。
スポンサーサイト



新型ウイルス クルーズ船派遣の自衛隊員増加で拠点船を追加(NHKニュース)PageTop【主張】新型肺炎 政府は明確な発信怠るな 「国内流行」への備えを急げ(産経:社説)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://boeinews.blog2.fc2.com/tb.php/11783-6e378864

プロフィール

yasukuninoharu

Author:yasukuninoharu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR