FC2ブログ

「米軍なら即座に撃沈」 レーダー照射、日韓関係さらに冷え込み(産経N)


韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に対して行った火器管制用レーダーは「攻撃予告」ともいえる危険な行為だ。韓国側は「海自の哨戒機を追跡する目的でレーダーを使った事実はない」などと釈明するが、照射された側が先に攻撃したとしても、国際法上は何ら問題が生じないほどの事案だ。折しも日韓関係は、いわゆる徴用工訴訟の問題などで最悪の状況にあるが、さらなる冷え込みは避けられそうにない。
 「攻撃直前の行為だ」。岩屋毅防衛相は21日夜のBSフジ番組で、レーダー照射に危機感を示した。

 火器管制用レーダーは「FCレーダー」とも呼ばれ、ミサイルや火砲を発射する際、目標の距離や針路、速力、高度などを正確に捕捉し自動追尾する「ロックオン」に用いる。発射ボタンを押せば攻撃可能な状態だ。防衛省幹部は「米軍なら敵対行為とみなし即座に撃沈させてもおかしくない」と語る。

 複数の韓国メディアは韓国国防省関係者の話として「レーダー使用は遭難した北朝鮮船舶捜索のためで、海自の哨戒機を狙ったわけではない」と報じた。しかし、海自幹部は「意図しなければ起こりえない事態だ」と怒りをにじませる。
 日韓関係を考えると、レーダー照射は最悪のタイミングで起きたといえる。
 徴用工訴訟では、韓国最高裁の確定判決で賠償命令を受けた新日鉄住金に対し、原告代理人が24日までに回答を得られなければ、年内に韓国の資産の差し押さえ手続きに入る考えを示す。防衛関係でも、自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛問題や、韓国軍による竹島(島根県隠岐の島町)周辺での訓練など、韓国側の不適切な行為が続いている。
 外務省幹部は「韓国の意図は分からないが、日韓関係が悪化して喜ぶのは中国や北朝鮮だ」と嘆く。(石鍋圭、原川貴郎)
スポンサーサイト



韓国軍による自衛隊機へのレーダー照射 複数回で一定時間続く(NHK)PageTop「副」のポストについて考える 元駐米大使・加藤良三(産経:正論)

Comment

文在寅、遂に対日武力挑発

主題:文在寅、遂に対日武力挑発(敵対レーダー照射)

暴戻韓奴敵對レーダー照射を以て我(わが)哨戒機に挑戰との報に接せし翌朝其(その)重大性を(30.12.22拙詠)

◎ あらたなる大罪(つみ)に出(い)でたり韓蕃夷(からえびす)五年(いつとせ)前の漢奴(あや)に倣ひて

(あらたなる つみにいでたり からえびす いつとせまへの あやにならひて)

口語訳:新たな重大犯罪行為に出た。かの文在寅韓奴が平成廿五年一月末の支那共匪による対日武力挑発を摸倣し、艦載の射撃照準レーダーをわが対潜哨戒機に向け照射するという、武力行使への着手行為たる暴挙を以て。しかも能登半島沖のわが排他的経済水域内でだ。

◎ 惡(にく)むべし蔑みつべしわらべにも劣り淺間しき韓奴(から)が振舞
     
(にくむべし さげすみつべし わらべにも おとりあさましき からがふるまひ)

口語訳:衷心からの嫌悪と侮蔑に値しよう。子供にも劣るこの浅ましい韓奴の行動は。

◎ 武力行使(うちものわざ)もて挑み來(こ)しこの沙汰を抗議(ことばわざ)もて濟(すま)すべきかは
     
(うちものわざ もて いどみこし このさたを ことばわざもて すますべきかは)

口語訳:既に武力行使の一部となる行為で挑戦してきた今回の暴挙への対処を言葉による一片の抗議のみで済せていい筈があるものか! 通常の国なら直ちに当該艦船を撃沈する場面であり、それが国際法上の当然の標準対応なのだ。
我国にのみそれが許されないなら、それはわが主権を剥奪する不法憲法による抑圧以外の何物でもない。それを知るが故にこそ蕃夷は無法を恣(ほしいまま)にするのだ。

◎ 西側(にし)を捨て北鮮鬼(きたのこくり)に寢返りし敵(あだ)にしあれば宜(むべ)とこそ見め

(にしをすて きたのこくりに ねがへりし あだにしあれば むべとこそみめ)

口語訳:斯(か)かる無法不逞の挑戦行動も、既に事実上の対日断交で全西側陣営との連携を捨て、鬼畜の北鮮を含む東側陣営に寝返って敵性国となった韓奴の仕業であるから不思議はないというべきだろう。

◎ かばかりの重き武力挑發(いどみ)を國民(くにたみ)に重く傳へず 白痴化媒體(うつけますこみ)
     
(かばかりの おもきいどみを くにたみに おもくつたへず うつけますこみ)

口語訳:だが武力行使によるこれ程までの重大な挑発をも国民に重大案件として伝えることを避けるのだ。白痴化した現今の国内マスメディアの大半は。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://boeinews.blog2.fc2.com/tb.php/9748-aff8cce6

プロフィール

yasukuninoharu

Author:yasukuninoharu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR